デザインパンフレットに関して気になる情報まとめ

私は以前つとめていた広告代理店で人事部に所属しており、何度か会社案内のパンフレットを制作したことがありました。

そのパンフレットは主に就職を希望する学生向けに会社案内をするためにつくられるものでした。

会社案内ですので、当然会社の歴史や仕事の内容を伝えるものではなりませんが、そのパンフレットを見て、学生がここで働きたいと思ってもらうためにつくるものなので、あまり堅苦しい、つまらないものになってしまっても仕方がありません。

会社案内というと、企業向けのまじめな冊子から、もっとライトなものまで幅広くありますが、まずは作ろうとしているパンフレットが誰をターゲットにして、何のためにつくるパンフレットなのかを確認する必要があるでしょう。

さて話を元に戻しますが、では学生向けにつくる会社案内のパンフレットを作る際のポイントとは一体なんでしょうか。


アプリ開発会社の最新情報を紹介しています。

あたりまえですが、まずはどんな仕事をする会社なのかをわかりやすく伝えなくてはいけません。ただし、それだけでは堅苦しい会社案内になってしまいます。
学生にとってより大事なのは、何をするかよりも「誰と」するか、だったりします。

そうです。
学生向けの会社案内のパンフレットを制作する際に一番大事なのは、社員を紹介することだと私は思います。

どんな人が、どんな理由でその会社を選び、どんな仕事を、どんな想いで取り組み、どんな成果や達成感を感じ、どんな学生と一緒に働きたいと思っているのか。

大田区の不用品回収に注目が集まっています。

それが伝わることが大事なのではないでしょうか。そしてできればたくさんの社員を紹介するべきだと思います。

まさに老若男女。

便利な東京のアプリ開発の最新情報をお伝えします。

社長や役員だけではなく、新入社員もいれば、男女それぞれ、いろんな仕事をいろんな想いでしているはずです。
そのリアルな姿をそのまま伝えられれば、きっとその会社案内は素晴らしいものになると思います。

もちろん制作者や編集者のデザインや編集スキルにもよるところが大きいですが、リアルな会社の姿を伝えるのは、やはり「人」そのものだと思います。
私は食品工場の管理者をしています。


品質管理を兼任していることもあり、工場の製品の資料を販売担当の営業担当に、要求されることがよくあります。

それは多人数いる一人一人がそれぞれの要求をしてくるために、その都度作成していると、間に合いませんし、効率もよくありません。


ですから、そういう時は共通項を見出して、全員に通用するような販促用の資料を作成するようにしました。

とりあえず、その販促用の資料を基にして、不要事項と不足事項を集めた上で、その修正をしていきました。


販促用の資料というのは、その時代の求めているものが年々、少しずつ変わってくるものです。

豊作不作の収穫状況によって原材料の産地が変更になったり、その国の情勢で供給が不可能になったりと、原料事情も変化しますし、営業担当が拾ってくる顧客の求める情報を敏感に集めて、本当に必要な情報に都度、修正をする必要が出てきます。


ですから、最近では、定番品の販促用の資料は、パンフレットとして年一回の定期見直しをする様にしています。

それを各営業担当に今年度版として配布しておくのです。

そして、ある期間だけ、力を入れて販売するような商品についてはその都度新たにパンフレットを作成するという体制で対応をしています。

薄毛の治療の口コミの有益な情報のご紹介です。

こういう仕事をしていると、特に同業他社の販促用のパンフレットが気になります。

ファイルの共有に関する情報の一覧です。

今考えているうたい文句は、その業界の有名な賞を取った商品である、を追加するために、その賞の受賞を狙っているところです。

https://secure.okbiz.okwave.jp/pmc-faq/category/show/1225
http://www.m3q.jp/?page=310
http://www.m3q.jp/?page=28